「引越し料金のおおよその金額が知りたい!」
という人は多いですが、簡単にはなかなか言いにくいです。

引越し料金のベースになるのは、輸送費と人件費です。
家族が増え、大量のダンボールがあれば、
急激に料金がアップします。

とりあえず、あえておおよそのところを示すなら
単身者の場合2~6万円くらい、大人2人子供2人ファミリーの場合
8~20万円くらいでしょうか。

……幅がありすぎますよね?

けれど、引越し料金は荷物の量だけでなく、
繁忙期かどうか、サービスの選択によってもかなり料金が変わるからです。

その他、ダンボールなどの梱包費、破損事故の際の
保険料などが含まれます。
小規模な会社で他よりさらに安いところは、保険をかけていないこともあります。
大切な荷物がある場合は、保険に加入しているかを確認しましょう。

具体的なことが知りたい人は、ぜひ
引越し料金の見積もりサイトを利用してみてください!

 

引っ越すことになったら、その旨を
大家さんか不動産屋に言いましょう。
一般的には1ヶ月前までに伝えますが、
契約書に期日がない時は、3ヶ月前までにします。

引越し業者との契約も可能な限り急ぎます。

それから、公共の機関に届けを出します。

すでに、子供が学校に通っている場合は、
転校が決まったと伝え、要り様の書類を受け取りましょう。

市区町村の役場に行き、転出届、印鑑登録の廃止届、
国民健康保険の資格喪失届、
子ども手当の受給事由消滅届、
125cc未満のバイクの廃車証明書を出します。

2、3日前までに、電気、ガス、水道、電話、NHK、新聞を
止めてもらう依頼をします。
ところで、ガスは開栓までに手続きがいるので、
1週間前には新居の開栓も依頼しておきましょう。

最寄りの郵便局で「転居届」のはがきを受け取り、
投函すると、自動で郵便物が新居に転送されます。

地方銀行の口座は、新住居のそばに支店が無い場合
解約した方がいいでしょう。

http://ピアノ買取相場.jp/pianokaitorisouba/